なぜ風速計が必要なのかを説明します

日頃、台風などが来ない限り、風速というものをあまり意識することはないと思います。西高東低の気圧配置や、伊吹おろしが吹くなど、気象に関する言葉は日々聞くことがありますが、実際には雨がふるのか、晴れるのか、暑いのか、寒いのかといったところを気にすることがほとんどです。どのような方が風速を気にするのかといえば、自然を相手に仕事や遊びをしている方々です。気象庁の方々を筆頭に、山や川、海などの自然調査や、漁師の方たち、ヘリや飛行機に関わる方にとっても大切ですし、ラジコンヘリやドローン、釣り、ゴルフなど、意外と色々な方たちにとって風速計は必需品もしくは役に立つアイテムとなります。また気象庁の方たちのように、各地に計器類を置いて観測をすることで、流れや変化を掴むきっかけにもなります。それが天気予想の精度の高さに繋がり、風速に興味がない人々の暮らしにも返っていくのです。

どのような形の風速計があり、費用はどの程度なのか

風速計は気象庁の方が利用する屋外に置いて、常に風光風速をセンサーと風車の力で計り観測をするものや、気軽に手で持って必要な時だけ取り出せるもの、持ち運びは多少荷物になるが、研究や観測をするために細かいデータを取ることができるもの、学校の隅の百葉箱と共に置いてある小さな屋外型で、細かいデータは無いがある程度正確な物と、大きさも精度も様々です。価格もそれぞれバラバラです。屋外に設置し細かいデータを取ることができるものは、なかなか気軽に購入できる金額ではありませんが、カバンに入って持ち運べるような風速計は数千円から数万円の価格で、通販などを利用して購入することができます。その機能は風速を計ることですが、風速0mから計れるものや、エアコンの風を感知するためのもの、風速40m以上でも計ることができるものと様々です。

風速計を設置する利点とはなにか

その場で風速を計るだけのものや、データをとった後に記録できる物、記録を送信できるものと、その機能も様々です。また風速、風向きだけでなく、気圧や気温を計れるものもあります。より正確なデータを必要としているのか、大体の値がわかればいいのか、持ちやすさを重視するのか、風や雨に耐えられる丈夫な作りを求めるのかと、色々な視点があります。風速計を設置するメリットは、計器を使う方たちによってさまざまありますが、地域にひとつ、また家の前にひとつあることで、より多くのデータを得ることができます。また観測が好きな方は、天気予報と合わせ、異変に気づきやすくなることもあります。気象データは、長い期間とより多くのデータが必要になります。日本の気候は現在変化の最中ともいえます。より多くのデータが、役立ち、自分たちの暮らしに直結することは、大切なメリットです。

温湿度センサーは家庭用としても普及しております。 新製品情報を随時更新しております。 世の中で騒がれている異常気象、地球温暖化に対して、今後の地球をどのように守っていくかが課題と考えています。 メール・FAX・フォームからの受付は24時間行っており、電話は平日10時~18時までにお問合せください。 自然科学や山、海、川などの自然を愛する人が勤務しております。 数多くの風速計取り揃えたフィールドプロ