様々な種類の風速計を紹介します

風速計は、風速を測るために販売されている測定器です。特徴としましては、数枚の羽が風を受けることによって、その風の力により羽を回します。その羽が回る速度によって風の速さを測るというものです。風速計にはさまざまな種類が出ています。例えば、熱線式の風速計です。この熱線式のものはまずワイヤーを発熱させます。そこに風を当てることでワイヤーが冷えてきます。ワイヤーが冷える速度で風速が分かるという仕組みになっています。この熱線式の風速計は、空調設備などによく使われています。他には防水カップ式の風速計があります。こちらは雨の日に利用します。屋外で利用することができクーラーの吸排気などで使われています。比較的操作が簡単で、持ち運びがしやすいものとして手軽に利用することができます。

スマートフォンやタブレットが風速計に早変わりする便利グッズ

最近では、スマートフォンなどの普及により、通常の風速計ではなくスマートフォンやタブレットを風速計にできる便利なグッズが販売されています。スマートフォンなどのイヤフォンジャックに羽根を取り付けることによって風速計に早変わりすることができます。仕事柄、頻繁に風速を測る人などに手軽でおすすめと言えます。専用アプリをダウウンロードすることによって、より便利に風速計を利用することができます。またそういったグッズを使用しなくてもマイクを使って風速を測ることができるアプリも開発されています。アプリはたくさん出ていますが、風に対して45度にiPhoneの角度を決めて立てます。そうするとマイクが風を拾って、自動的に風速を計測してくれるというものです。これならグッズを持つ手間や忘れてできなかったなどということからも解放されます。

風速計を設置することでその効果を知る

風速計を設置することでさまざまな効果やメリットがあります。普段、皆さんが普通に耳にしている天気予報でも風速計が大活躍しています。気象予報士の方が本日風速何メートルといった情報を発信してくれます。その風速何メートルも風速計でしっかりと計測しているわけです。風速計にはさまざまな種類が発売されています。天気予報で使うものから個人的に利用するといったものまで、ピンからキリまでです。機能によってその金額も大きく変わっていきます。登山などで風速計を利用したいから購入を考えているという人におすすめなのは、1,500円から2,000円くらいのものです。それくらいの値段のものは金額的にも手軽に購入できますし、何と言っても持ち運んだりするのにも便利です。手のひらサイズのものばかりですので山登りなど荷物が他にもあるときなどに便利と言えます。