風速計のメンテナンスの仕方を説明します

急激な気象の変化や、近年増えている異常気象のポイントのひとつになるのが「風」です。低気圧が進んできている時等には風の吹き方で大気の動きが分かります。しかし、ゲリラ豪雨同様、ピンポイントの突風の予測は難しく、それらの情報を入手する手段として、風速計の設置は有効です。どのような目的で風速を測定するのかによって風速計を選んでいく必要があります。風速計にはタイプが様々ありますが、設置が必要な大型のものを見ていくと、お椀のようなカップで測る「風杯型」、風向も同時に計測できる「風車型」や「超音波型」等があります。日本で用いられている風速計は、風車型のタイプのものが多く見られます。風を受けて回転するこのようなタイプの風速計は、回転が正常に行われているか定期点検が必要になってきます。

風速計の導入目的を明確にして選びます

風速計の性能を維持するためにはメンテナンスが大切です。特に寒冷地に設置する場合には、着雪・着氷により回転部分が正常に回らなくなってしまうというトラブルも考えられますので注意しましょう。事前に熱などを利用した防止策を施すことも有効です。また、周辺環境の影響を受けないために高い位置に設置するので、実は雷の影響も受けやすいものだということを覚えておきましょう。目視、音、観測データそのものなどを頼りに風速計に異常がないか日常的に確認していくことが大切です。そもそもどれくらいの秒速の風速を測る必要があるかはビジネスの導入目的によって変わってきます。このように、設置する場所、導入目的によって風速計の性能やメンテナンス方法を選ぶことになり、費用も異なってきります。ハンディタイプの小型で軽量なデジタル風速計もありますので、大会やイベントといった限定的な使用であればこちらもとても便利でしょう。

風速計で安心安全を手に入れましょう

風がどれくらいの速さで吹いているかが分かるという非常にシンプルな機材ではありますが、風速計を設置して観測することで、気象による災害に備えることができます。また、施設運営や乗り物の運航にそのデータを活かして、より安心で安全なビジネスを展開することもできます。収集されたデータを分析すれば開発計画に活用することも可能です。ニュースでも突風や竜巻といった風そのものが原因の被害も見聞きすることが増えました。街路樹や電信柱が折れて、看板やビニールハウスが飛ばされるといった被害、恐ろしい竜巻の映像がニュースに流れるのも珍しくありません。また、より生活に密着する身近なことで言えば、花粉や大気汚染などにも風は影響しています。生活に迫る様々な危険から、農業や漁業といったビジネスの現場に至るまで幅広い分野で風速計は役立ちます。