風速計を置く場所についてのポイント

風速計の役割といえば『風の強さを測定するためのもの』というイメージが強いですが、風速計は単に風の強さを測るだけのものではなく、風向きや風速が日常生活にも大きく影響を与える台風や竜巻といった異常気象時の測定にも大いに活躍します。また、デジタル化が進む近年は、パソコンやスマートフォンと接続することで測定や集計データを即座に得ることのできる風速計も続々と登場しているなど、風速計はより身近なものとなりつつあります。そんな風速計は、大型のものとなるとやはり設置費用は高くなってしまいますが、風速計には持ち運びができるものや手に持つタイプのものなど小型のものもあるほか、最近では風速計のレンタルを行っている業者も増えてきているので、自宅や職場、屋外などでも気軽に使用することができます。

風速計を設置するメリットとは?

風速計にはさまざまな種類がありますが、目的や精度は種類によって違うため、風速計を使う場合は目的を重視するか、精度を重視するかにより使い分けることで的確なデータを手に入れることができます。そんな風速計は、特に自然災害対策に有効的です。近年、地球温暖化の影響もあり、世界各国で異常気象が頻繁に発生し、日本でも台風や竜巻による被害が毎年のように報告されていますが、台風や竜巻が発生した時に風の強さを測定する際に役立つのが風速計で、風速計で風の強さを測り数字化することで注意喚起にも繋がります。また、台風や竜巻など異常気象が発生した際のデータというのは、発生前にどのような兆候があったのかを知る手がかりともなるため、台風や竜巻の予知や対策を練る際にも十分に活用することができます。

風速計を設置する場合は設置する場所も重要です

風車型に風杯型、超音波式とさまざまな種類がある風速計は種類によって使い方はもちろんのこと、形や原理も異なりますが、風速計を設置する上で何より重要なポイントなのが風速計を設置する場所です。風速計というと山頂や電波塔、飛行場など風の影響力が強い場所に設置されているイメージが強いですが、風向きまで測定することのできる風車型の風速計はさまざまな場所に設置することができ、持ち運び可能な風杯型の風速計は陸上競技場や野球場にも適している風速計となっているなど、風速計の種類によって設置に適した場所は異なるため、風速計を選ぶ際には、使用目的に合った種類の風速計を選ぶこと、そして、風速計を設置する際にはそれぞれの風速計に適した正しい設置場所についても事前に知っておくことが大切です。